驚愕!この世に存在しない人物の顔をクリック一つで次から次へと生成するサイトが登場



特にニューラルネットワークを利用した画像生成の分野は、目覚ましい進歩を遂げている。昨年12月、NVIDIA社が、本物の人間の顔と区別がつかない架空の顔を作り出す技術を公開したが、この技術を応用したサイトが登場した。

 サイトを開いてリロード(更新)するたびに、実在しないけ人物の顔が次々と生成されていくのだ。どうみても実在するようにしか見えないが全て架空の人物の顔である。

ウーバー社のソフトウェアエンジニアであるフィリップ・ワン氏が立ち上げた「This person does not exist(実在しない人物)」というサイトを開くと、人物の顔が出てくる。
そのままリロード(更新)すると、また別の人物の顔が出てくる。
どこかにいてもおかしくないほど実在する人物の顔のように見えるが、実際には実在しない。全て架空の人物の顔なのである。


画像、文章はカラパイアさんから引用


この記事へのコメント