カエルアンコウ ハイスピード捕食の驚くべき光景

イエティみたいなモジャモジャな毛のついたボディ。鼻先には疑似餌をぶら下げ、胸びれで海底をゆっくり歩くカエルアンコウ。
魚なのに泳ぎが不得手で、海底をはい回っているところは微笑ましいが、愛嬌ある姿とはうらはらに捕食スピードはおそろしく早く、わずか1/6000秒で獲物を吸い込むことも可能だ。

世界で40種、日本には15種ほどいるといわれるが、カエルのように体色を変えられるうえ、同じ種でも形が多様なため見た目での分類は難しい魚のようだ。

この記事へのコメント