火星が地球に大接近。2018年7月31日に最接近し肉眼で見えるレベルに。

これから数週間にわたり、地球が火星と太陽の間を通過するために、地球と火星が大接近する。このため7月31日、火星は最大の明るさになる。

 肉眼でも簡単に火星が見えるため、赤い惑星のユニークな姿を観察する絶好のチャンスだ。すでに火星は大きくなっている。見ごろは7月下旬から8月上旬までの間だ。


2018y06m27d_001852877.jpg


この記事へのコメント